« 公演後初会合 | トップページ | 無責任な工事 »

白い時間

 ようやっと金曜日が来る。仕事が結構大変で、疲れを上手に処理することができないまま、ウダウダの一週間になってしまった。教壇をぼくはステージと呼んでいて、そこではもちろん教師を演じるわけだけれど、だから教え子が「いつもの先生じゃん」とか「懐かしかった」なんぞアンケートに書くのだろうな。しかし、10代の小僧や小娘の前で疲れた顔なんかしてたまるかって、やってしまうから、また疲れがたまるんだろうナ。

 白い時間の中であれこれぼんやりと考える。

 芝居の疲れは芝居で取るしかあるまい。土曜から、脚本マラソンをスタートしよう。次の舞台に駆り立てる脚本に出会えれば、大丈夫。

 たかおさん、いよさん、温かいコメントありがとうございます。次はもっと面白い舞台をつくれると思います。ただ、たかお(「さん」を付けるのはどうも気色悪い)、羽田から浜松町までのモノレールで萎えてしまうぼくは、古城の芝居でも奮い立たない。ただ、たかおがいつ行くのかを知らせてくれれば、都合と気力を整えてみようとは思う。メールで。

 公演に日田から高校生が来てくれました。昨年大分の代表になり、九州大会で最優秀をとり、九州の代表として8月の全国大会に出場します。公演前にちょっとだけ話しました。礼儀正しく、こちらを見てきちんと話す。気持のいい連中でした。日田からおよそ100キロくらいでしょうか。公演が終わって、各自が家に帰り着いたのは、12時前後になったのではないでしょうか。運転は生徒のお母さんでした。素晴らしい。子どもの活動を親が支えているのです。子どもが頑張れることがわかります。日田三隈の皆さん、全国での充実と納得を! 佐伯の仲間達、応援しています。結果なんて、ロビーで話したようなもんです。全国大会の脚本はいよさんの作品です。糸が繋がっていきます。

 白い時間の中で様々な糸を感じ、考えています。糸は想像以上に広がっているように思います。劇場には生身を運ばないと存在しない。空想の劇場はなんて存在しない。存在させようとするところから形を取り始める。

 糸を綱にしていこう。まだボケてるナ。

 

|

« 公演後初会合 | トップページ | 無責任な工事 »

活動」カテゴリの記事

コメント

だいぶ遅くなり申し訳ありません。公演お疲れさまでした。二人、大分市内近辺から連れてきていたため、時間の都合でろくにあいさつもせず帰ってしまいました。すいません。

第一回、二回っと重ねる度に期待が増します。観る度に「舞台っていいな」って元気になります。
ありがとうございます。
次回公演、楽しみにしています!また何人か誘っていきたいと思います。

短いながら失礼します。
でわ

投稿: カメ | 2008年6月20日 (金) 00時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白い時間:

« 公演後初会合 | トップページ | 無責任な工事 »