« 鐘下辰男『青春の門 放浪篇』を読む | トップページ | 自動車道開通 »

八木柊一郎『チェーホフ家の人々』を読む

 チェーホフの少年時代から死の床までを描いている。最後までグイグイ読んだのは、作品よりも、チェーホフへの興味からだろう。いずれすべての作品を読むつもりでいるが、その思いはさらに強くなった。

|

« 鐘下辰男『青春の門 放浪篇』を読む | トップページ | 自動車道開通 »

脚本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八木柊一郎『チェーホフ家の人々』を読む:

« 鐘下辰男『青春の門 放浪篇』を読む | トップページ | 自動車道開通 »