« まだ『かもめ』について考える | トップページ | 鄭義信『焼肉ドラゴン』を読む »

鴻上尚史『グローブ・ジャングル』を読む

 グローブ・ジャングルというのは、公園から姿を消してしまった、グルグル回る遊具の名前だそうな。それと地球を重ねているようだが、ウーン、わからない。作家というより、」評論家の作品のような気がするが・・・。「虚構の劇団」の旗揚げ公演の脚本だとか。

|

« まだ『かもめ』について考える | トップページ | 鄭義信『焼肉ドラゴン』を読む »

脚本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鴻上尚史『グローブ・ジャングル』を読む:

« まだ『かもめ』について考える | トップページ | 鄭義信『焼肉ドラゴン』を読む »