« 立ち止まった台詞(0) | トップページ | 9月になって彼女は »

チェーホフ『公判前夜』を読む

 未完の作品。予想はつくものの、チェーホフがどう終わらせるのか、読みたくて仕方ない。どうやら、短編小説をもとにしたらしいので、現在年代順に読んでいるので、数ヶ月後には出会うことになるだろう。

 これでチェーホフの戯曲は全て読んだ。これからは短編小説。気が遠くなる量だ。もしかすると芝居にする作品に出会えるかもしれない。宝さがしに、いざ!

|

« 立ち止まった台詞(0) | トップページ | 9月になって彼女は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チェーホフ『公判前夜』を読む:

« 立ち止まった台詞(0) | トップページ | 9月になって彼女は »