« 沈黙と観客 | トップページ | とんがる »

河合隼雄・吉本ばなな『なるほどの対話』を読む

 以前、河合が村上春樹との対談を読んだとき、村上の創作の姿勢、書き方みたいなものを知り、面白いと思った。今度は吉本ばなな。吉本の作品は読んだことがないけれど、読みたくなった。創作の根っこの部分がほの見えてきて、芝居を書く上でも、生きる上でも参考にもなった。

 いよさん、あなたも読んでみたらいいとおもいます。暑さにめげず、しっかり生きて、楽しんで、またいい作品を書いて下さい。高校生相手ではなく、オトナに向けて書きませんか。もちろん、ぼく達が上演します。

|

« 沈黙と観客 | トップページ | とんがる »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 河合隼雄・吉本ばなな『なるほどの対話』を読む:

« 沈黙と観客 | トップページ | とんがる »