« ゆっくり読書をしよう | トップページ | 老人とんがれ、まるくなるな! »

東野圭吾『黒笑小説』を読む

 最近目にするので、本屋にぶらりした時に文庫本を買った。『放課後』以来だから、20年以上ぶりになるか。江戸川乱歩賞受賞作ということで新刊を買ったが、それほど満たしてくれなかった。今読んだらわからない。

 長編はどれも厚いので気遅れした。短編集の方が、気楽な気がしただけのこと。

 昔遠藤周作を読んでいた頃、狐狸庵シリーズみたいなものかしれないと思った。本腰を入れて書くための、気休めというか、バランス取りというか。文章が推敲されていない粗さみたいなものを感じた。解説の人も「ガス抜き」という言葉を使っていた。ただ、「インポグラ」や「みえすぎ」は面白かった。やはり才能のある人なんだな。それで図書館で長編を一冊借りた。同時に、伊坂幸太郎と吉本ばななを。結構、今まで手を出さなかった作品群ではある。

|

« ゆっくり読書をしよう | トップページ | 老人とんがれ、まるくなるな! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東野圭吾『黒笑小説』を読む:

« ゆっくり読書をしよう | トップページ | 老人とんがれ、まるくなるな! »