« チェーホフ『披露宴』を読む | トップページ | チェーホフ『創立記念祭』を読む »

『崖の上のポニョ』を観る

 さきほどスーパーに行ったら、突然の雷雨。スパーの明かりが消えた。レジも戸惑い程度の混乱。不謹慎かもしれないが、貴重な経験を楽しめた。

 さて、『ポニョ』。

 始まりの絵がちょっと雑な感じがした。ポニョが母親かと思ったら、そうじゃなかった。それにしてもポニョの旅立ちの理由と目的地がわからない。ただ、最後まで観せるのはさすがだ。ただ、観終わった後、世界が水没した理由、どうやって解決したのか、そもそもそこまでの異変を出したのは何故なのか、それが大きな疑問として残る。映画の中にその糸口すら見いだせなかった。昨夜オリンピックの野球をずっと観て、睡眠不足のため見落としたのかもしれない。もちろん、作品の中の全てに説明は要らないけれど、そこに一人の少女がいること自体が奇跡的なことに支えられているのだと言われれば、ぼくは大きく頷く。でも、その奇跡的なことを描いているとは考えにくい。『トトロ』は小さな田舎町の小さな話で、それが日本のどこにでもある話だったが、ああいう風にはならなかったのかな。ウーム。ただ、観て損はない。全て手描きらしいが、コンピュータ画像が多い最近の映画の中では、手描き故の魅力はあるし、観たあと考えるのもいいではないか。

 チケットを買った後、上映までの待ち時間に書店に飛び込んだら『文学界』があったのも収穫だった。

 

|

« チェーホフ『披露宴』を読む | トップページ | チェーホフ『創立記念祭』を読む »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『崖の上のポニョ』を観る:

« チェーホフ『披露宴』を読む | トップページ | チェーホフ『創立記念祭』を読む »