« チェーホフ『タバコの害について』を読む | トップページ | 夏休み、終わり »

松尾スズキ『女教師は二度抱かれた』を読む

 文芸誌に演劇界の才能が掲載されるのが、面白い。文学がブンガクになったようにも思う。演劇と文学は別モノというのはお互いにあったけれど、書かれたものは読まれるのだから、どう違うのか?面白い現象かもしれない。ぼくは松尾の作品には興味がない。押入れ探して、もう一つ読んでみようか。

 

|

« チェーホフ『タバコの害について』を読む | トップページ | 夏休み、終わり »

脚本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松尾スズキ『女教師は二度抱かれた』を読む:

« チェーホフ『タバコの害について』を読む | トップページ | 夏休み、終わり »