« 東野圭吾『容疑者Xの献身』を読む | トップページ | 伊坂幸太郎『砂漠』を読む »

伊坂幸太郎『チルドレン』を読む

 小説で時々途轍もなく魅力的な人物と出会うことがある。『チルドレン』の陣内がそうだ。言うこと為すこと、笑ったり、すごいと思ったり、感心したりする。もしかすると小説家の才能は、そういう人物を創りだせるかにあるのかもしれない。

 図書館で伊坂作品を数冊借りた。『終末のフール』が面白かったからだ。『チルドレン』は家裁が舞台だけれど、『終末』に比べ、設定が小さいから、その小ささ故の面白さもあるけれど、『終末』は設定だけで読ませるし、何でもありの状況が想像をめぐらせた。2作目だが、ハズレはない。

|

« 東野圭吾『容疑者Xの献身』を読む | トップページ | 伊坂幸太郎『砂漠』を読む »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊坂幸太郎『チルドレン』を読む:

« 東野圭吾『容疑者Xの献身』を読む | トップページ | 伊坂幸太郎『砂漠』を読む »