« レオニード・A・マリューギン『想い出のチェーホフ』を読む | トップページ | チェーホフ『白鳥の歌』を読む »

TOS特番を観て

 マスコミとしてひ弱な感じがした。最後に教育長の謝罪で終わるのもおかしい。言ってることも、滑舌が悪いうえに、内容は変わり映えしない。あそこから初めて、新しい視点なりを示すべきなんだな。ジャーナリスト魂がどこにあるんだ。今までのまとめだけではないか。『クライマーズ・ハイ』の地方新聞を読んだ後は、情けないと思った。圧力でもあるのか? 

 情報は流される。しかし、その多くはマスコミだけれど、マスコミが流すものを受けて、考え、話し、行動する。しかし、そのマスコミが真実を報道する気概があまり感じられない。ワシントン・ポストの記者の行為は映画にもなった。キャパの写真はどうだ。

 警察官、自衛隊員、消防士、みんな死を覚悟しながら、やっている。マスコミはどうだ?使命を自覚しないまま、情報を垂れ流すだけだ。受け手をなめてるんじゃないか。TOS特番を観て、そう思った。

|

« レオニード・A・マリューギン『想い出のチェーホフ』を読む | トップページ | チェーホフ『白鳥の歌』を読む »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TOS特番を観て:

« レオニード・A・マリューギン『想い出のチェーホフ』を読む | トップページ | チェーホフ『白鳥の歌』を読む »