« オーストラリアから中学生がやってきた(2) | トップページ | オーストラリアから中学生がやってきた(4) »

オーストラリアから中学生がやってきた(3)

 コスモタウンで外食して、ゲームセンター内のプリクラとカーレースで遊び、百均の店とスーパーをうろちょろした。朝方、娘が「できるだけ英語で喋ろうとするけれど、OKばかり・・・」とポロリ。ところが夕方、一日を終えて帰ってくると、来年は彼女の家にホームステイに行きたいと母親に言っていた。その志やよし!

 グラッドストーンとは毎年交互に中学生を派遣している。今年、ホームステイを引き受けた家庭に優先権があるとか。

 ぼくは娘たちに残せる財産はない。ただ、できるだけ多くの経験をさせてあげたい。財産は社会の変化で消えることはあるが、経験は死ぬまで残る。経験こそ財産ではないか。

 今朝、中学校まで乗せていった時、「君の国にはないようなことに沢山出くわすだろうけれど、それを楽しんだらいい。そうすればそれがいい経験になる」と言った。それは娘に対してもであり、ぼく自身に対してもだった。

 新しい経験を生活に取り込んでいく。その姿勢で生きていきたい。

|

« オーストラリアから中学生がやってきた(2) | トップページ | オーストラリアから中学生がやってきた(4) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリアから中学生がやってきた(3):

« オーストラリアから中学生がやってきた(2) | トップページ | オーストラリアから中学生がやってきた(4) »