« 劇団ひとり | トップページ | 『ショーシャンクの空に』を観る »

宮本輝『血の騒ぎを聴け』を読む

 最初の「遠足」でやれてしまう。似たような思いはぼくにも経験がある。小学校の頃って、自分が何や何やらわからず、上手にコントロールできず、っていうやつ。

 宮本輝の小説は随分前に数編読んだ。面白い。『ドナウの旅人』を買ったところで、何かがあったんだろう、そして読もうとしたら、上下巻の上が見つからず、そこで終わったような記憶がある。それまでに読んだ小説は、今思い出そうとしても、どんな内容だったかだけでなく、タイトルさえ思い出せない。これは宮本作品だけでなく、これは面白そうだと買って帰って、読み始めたところで、これは・・・と思い、それでも読み続けて、ああ、これは以前読んだ!と気づいた時のショックは、老いを突きつけられたようで、何とも惨めで情けなくなる。

 もうエッセイは書かないらしく、これが最後のエッセイ集らしい。小説を読みたくなった。とにかく上巻をさがすか。

|

« 劇団ひとり | トップページ | 『ショーシャンクの空に』を観る »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮本輝『血の騒ぎを聴け』を読む:

« 劇団ひとり | トップページ | 『ショーシャンクの空に』を観る »