« オーストラリアから中学生が帰ってしまった(6) | トップページ | 緒方拳はいい役者だった »

岩松了『シャイクスピア・ソナタ』を読む

 シェイクスピア作品をさりげなく出しながら、それを生かしながら、人間たちを描いている。これがプロの作品か。

 打ちのめされた。まだ、立ち直れない時に、彼の作品が掲載された「せりふの時代」が届いた。勘三郎との対談もあり、その中で勘三郎が避けてきた作家と発言している。怖い作家だ。ただ、その作品も読まなくては。

 日常のあれこれに埋没して、芝居を考えなかった。脚本については忘れてはいないけれど、まとまった時間で考え、整理することを怠った。そうすると、さて戻ろうとすると、衰えた筋肉を感じる。生活の中心に据えないと。

 岩松の『シェイクスピア・ソナタ』は多くのことを考えさせてくれた。姿勢が変わった、か?

|

« オーストラリアから中学生が帰ってしまった(6) | トップページ | 緒方拳はいい役者だった »

脚本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩松了『シャイクスピア・ソナタ』を読む:

« オーストラリアから中学生が帰ってしまった(6) | トップページ | 緒方拳はいい役者だった »