« 『ラブソングができるまで』を観る | トップページ | 創作日記(7) »

「めぶき園まつり」に行く

 もうやがて20年になるけれど、演劇を通して知り合った友人の案内を受けて、出かけた。57号線から坂道に右折してしばらくは心細くなる道の細さ。この道を帰るのか、と、考えると、離合の不安が高まった。後で彼に確かめたら一方通行とのこと。ホッ。10時オープニングだったが、20分ほど前に着いた。地球上の氷が溶けても、すこぶる安全な素晴らしいロケーション。遥か遠くをみれば、大きな自然と小さな私。悩みなんか吹っ飛びそうだ。

 早く着いたので、彼が陶器を焼く作業場と釜を見せてくれた(ぼくはいつか焼き物をしたいと考え始めて、17年になる)。その後、ぼくらの公演を観たがっているという女性を紹介してくれた。可愛く、感じのいい人で、20歳若ければ、恋心を抑えるのに七転八倒したことだろう。

 ぼくは彼をもっと知りたいから、行ったので、彼の動きや、利用者の人たち、それと施設以外は興味がなかった。風邪のせいというより、歳のせいでボケているぼくにも、彼らの真摯と懸命は刺激になった。何よりも、芝居に向かう意欲が高まったのだから。

 昼、熊本から友人夫婦が犬を連れて到着。旦那は、昨日は国立競技場でトリニータの勝利に感涙して、昨夜遅く帰っの朝だ。車を降りて歩いてくるところを上からみると、奥さんは少女のようだ。ウ~ン、羨ましい。

 熊本夫妻+犬が去った後、友人に挨拶をしたら、彼女を再び呼んでくれた。確実にインストールされちまった。

 帰りは、野津から林道を走って本庄に抜けた。野津と本庄の堺のトンネルの手前に湧水があり、そこで、車に積んであるペットボトル8本にメダカ用の水をゲット。

 風邪の症状がどんどんのさばってきて、おふくろを訪ねたが、風邪をうつしたらいけない、頭がボウーッとして、3分で帰った。

 今、めぶき園で買った陶器のグラスで焼酎を飲んでいる。充実の一日のピリオド。どんなもんだい。

|

« 『ラブソングができるまで』を観る | トップページ | 創作日記(7) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

初めてコメントさせて頂きます。
先日はめぶき園祭りに来て頂いてありがとうございます。

職場の先輩からイイダ先生のこと、劇団のことなどを聞き、お会いしてみたいと思っていました。今回、お会いすることができ、とても嬉しかったです。
私の想像以上の紳士的な方でした。ブログを教えてくれた先輩に感謝しました。
風邪の具合はいかがでしょうか?

これからもブログ等を楽しみに拝見させてください。楽しみにしています。

まずは、お礼をこめて。

またぜひ遊びにいらしてください。
劇団の稽古がんばってください。今度の公演は是非。

ありがとうございました

投稿: 廣瀬です。 | 2008年11月 3日 (月) 01時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「めぶき園まつり」に行く:

« 『ラブソングができるまで』を観る | トップページ | 創作日記(7) »