« これから、はて? | トップページ | 幻想即興曲 »

ポコペン

 下の娘が最近友達と遊ぶのが「ポコペン」ということ。その名前をつけた人は才能がある。一回聞いたら覚えてしまうし、音が弾んでいる。

 夕食、朝食の時の会話の7割はその娘。彼女は学校のあれこれを話してくれる。その時に必ずポコペンが絡んでくる。ナントカちゃんのことを話している時に、「だから、ポコペンができなかった」という風に。ポコペンが出てくると、ぼくにとって食卓が楽しくなる。どんなに大変なこと、つらいこと、シンドイことも、ポコペンが吹き飛ばしてくれるのだ。魔法の言葉だ。

 娘にとってはそんなもんじゃないのだろう。でも「ポコペンで遊んでいたんよ・・・」で、ぼくは昨日のモヤモヤも今日の溜息も消えてしまう。

 ぼく達の頃もポコペンはあった。「ポコペン、ポコペン、誰くっついた」というもの。でも、それとは違うようだ。小学生のお子さんがいる方、一度食卓で話題にしてみて下さい。食卓でないとダメです。

|

« これから、はて? | トップページ | 幻想即興曲 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この間娘や娘の友達たちと一緒に
ポコペンをしました。

20数年ぶりのポコペンに
体中が悲鳴をあげていましたが、
楽しいひと時でした。

いつか一緒にやりませんか?

投稿: ヨウカン | 2008年12月 7日 (日) 10時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポコペン:

« これから、はて? | トップページ | 幻想即興曲 »