« 鉛筆の握り方 | トップページ | 家で仕事ができなくなった »

ブレヒト『肝っ玉おっ母とその子供たち』を読む

 東京演劇集団風の上演台本。昨日、風の数人と飲むことになっていたので、その前に読んでおいた方がいいと思い、読んだ。台詞が乾いているように思えた。

 夜は辻さん、柳瀬さん、稲葉さん、『パンダ』(長いので・・・)の中村、渋谷さんらと今日の鶴岡高校の上演に支障がない時間まで語らった。辻さんは、好きな女優というより、以前『響きあう者たち』の舞台を観て、演技に啓示を与えてくれた憧れと尊敬の人。その辻さんと話せた感動は大きい。そして話すほどに、人間性に触れ、ますます好きになった。店を出る時に、ツーショットでの写真をお願いした。こういうことは滅多にない。55歳のおっさんが恥じらいながらお願いしたのだ。

 今朝目が覚めたら、6時47分。いつもなら、朝食が終わる時間。バタバタの中で日常に戻っていった。来週、舞台を観る。

 水曜の予告は明日に回します。

|

« 鉛筆の握り方 | トップページ | 家で仕事ができなくなった »

脚本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブレヒト『肝っ玉おっ母とその子供たち』を読む:

« 鉛筆の握り方 | トップページ | 家で仕事ができなくなった »