« 生きるということ | トップページ | 襤褸は着てても »

宮本輝『避暑地の猫』を読む

 怖い小説だった。5人が死ぬのだから。そしてその背後にあるものが尋常ではない。映画にしたらいいかもしれない。以上。

|

« 生きるということ | トップページ | 襤褸は着てても »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮本輝『避暑地の猫』を読む:

« 生きるということ | トップページ | 襤褸は着てても »