« 『16歳の教科書』を読む | トップページ | 大石静『愛と青春の宝塚』を読む »

みうらじゅん『色即ぜねれいしょん』を読む

 旅行社が卒業旅行を大学生から高校生にまで触手を伸ばしているというニュースに触れたのは何年前だったか。ニュースに出ると、「かなりの高校生が」と思ってしまうが、実際はどれだけなのか。大学生の卒業旅行にしても、最盛期でも、してない学生の方が多かったのだ、きっと。

 『色即ぜねれいしょん』は高校生のひと夏の経験がメインに描かれている。フリーセックスという言葉が多用されるが、性的な描写は皆無。何か特別なものではない。ただ、最後まで一気に読んでしまった。書店で目にとまり、何気なく手にして、買って、一気に読ませたものは何なのか。たぶん、フツーの高校生のフツーの生活をかっちり描いているからではないだろうか。ぼくは主人公の言動に何度もうなずいたのだった。

 映画化され、この夏公開されると腰巻には書いてある。映画よりは読むのに少し時間がかかるだろうが、読んで想像する方が断然面白い。ウン。

|

« 『16歳の教科書』を読む | トップページ | 大石静『愛と青春の宝塚』を読む »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みうらじゅん『色即ぜねれいしょん』を読む:

« 『16歳の教科書』を読む | トップページ | 大石静『愛と青春の宝塚』を読む »