« ニール・サイモン『ビロクシー・ブルース』を読む | トップページ | みうらじゅん『色即ぜねれいしょん』を読む »

『16歳の教科書』を読む

 歳をとるにつれて増えるのは後に立つ後悔。ぼくなんかジャングルを成すくらい。その後悔ジャングルの一区画が学習、勉強、学校関係で、ここがダウンタウン。高校時代の学習、大学の選択と入学後のあれこれが中心。

 もう十分後悔した身にさらに追い打ちをかけるが、学生にはバイブルみたいな本が、『16歳の教科書』。 

 ドラゴン桜公式副読本とあり、「なぜ学び、なにを学ぶのか」と副題にある。各教科、一流の講師がわかりやすく話してくれる。うちの娘の机の上にそっと置きたい本だ。今なら間に合う。

|

« ニール・サイモン『ビロクシー・ブルース』を読む | トップページ | みうらじゅん『色即ぜねれいしょん』を読む »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『16歳の教科書』を読む:

« ニール・サイモン『ビロクシー・ブルース』を読む | トップページ | みうらじゅん『色即ぜねれいしょん』を読む »