« み~けさん | トップページ | 倉本聰『前略おふくろ様PARTⅡ』を読む »

倉本聰の面白さ(2)

 「男の頭がラジオの配線なら、女の頭はテレビの配線よ」

 『前略おふくろ様PARTⅡ』の2巻目に出てくる台詞。巻末のキャスト表によれば、小松政夫が演じている政吉の台詞。開高健は好んで「本質は末端に現れる」ということを書いている。この政吉の台詞もまさに倉本聡の鋭さと深さを現わしているように思う。

 倉本聰の台詞はクドクない。切れ味のいい包丁でスパッと切る爽快感がある。クドイ台詞なら誰でも書ける。それを的確な短い言葉で描く、それが職人、プロだろう。

|

« み~けさん | トップページ | 倉本聰『前略おふくろ様PARTⅡ』を読む »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 倉本聰の面白さ(2):

« み~けさん | トップページ | 倉本聰『前略おふくろ様PARTⅡ』を読む »