« 『水戸黄門』に学ぶ | トップページ | 『7つの贈り物』を観る »

脚本の書き方を変える

 ト書きを書かない 句読点を使わない そういう方法で今回脚本を書いている こういう形で

 一つは今回演出しないし、出演もしないので、演出と役者がどう考えるかをみてみたい誘惑があった。ぼくはト書きの多い脚本は好きではない。登場人物の台詞で考える方が楽しい。あまりに細かく書いていると、混乱してしまうこともある。また、平田オリザの脚本の記号も好きではない。こう喋れ、ああ喋れと記号で指示する。そう喋ってしまう書き方をすればいいだけじゃないのか、と、思う。読みにくいし、鬱陶しい。

 演出と役者への挑戦でもあるが、同時に、ぼく自身が読み返すときに、労力がかかるのもいい。ただ、書きづらいし、進度が遅い。

|

« 『水戸黄門』に学ぶ | トップページ | 『7つの贈り物』を観る »

脚本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脚本の書き方を変える:

« 『水戸黄門』に学ぶ | トップページ | 『7つの贈り物』を観る »