« 松田正隆『天使都市』を読む | トップページ | 自分を直視する »

バレンタイン狂騒曲

 今日は娘たちの買い物に付き合った。バレンタインの手作りチョコをつくるのに材料やら、作品を入れるものやらをあちこちで買うのだ。帰ってきてからも、あれを忘れた、これがなくなったで車を走らせた。彼女達の熱心さは日頃は見られないもので、その熱心さで、誰にあげるん?の質問とかに言葉も滑らかに答えてくれる。やがて母親のエプロンをつけた。気合がトップに入ったのか。

 娘たちがつくっているのは「友チョコ」というものらしく、下の娘があげるのは全部女の子。これがいつか本命が現れるのだろうナ、と、父は歴史の教科書の目次を眺めるような気持ちで思う。母親が、先生には?と訊くと、「我が家以外の男にはあげない」とキッパリ。ただ、あげる人リストの中にぼくは入っていなかった。

 行く先々の店では、バレンタイン関連グッズが盛り沢山。考えた商売人はしてやったりだろう。「チョコをあげないといけない」、この熱は衰えないな。

|

« 松田正隆『天使都市』を読む | トップページ | 自分を直視する »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も今朝早起きをして(
4時起き・・・休日に一家で熱を出していたので)
娘がクッキーの型抜きをできるように準備。
6時ごろ娘が起きだしてきて
(いつもより40分近くも早い起床)
一緒に型抜きをしてオーブンへ・・・。
その間にチョコレートホットケーキやら
ケーキやらを焼いて・・・朝から胃がやけて
しまいました。
夕方帰ってきてからは、そのクッキーに
チョコレートなどの飾りをつけて・・・。
我が家の毎年の恒例行事です。

投稿: ヨウカン | 2009年2月13日 (金) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バレンタイン狂騒曲:

« 松田正隆『天使都市』を読む | トップページ | 自分を直視する »