« 脚本の書き方を変える | トップページ | 倉本聰『2丁目3番地』を読む »

『7つの贈り物』を観る

 今は梅が盛り。朝犬と遊んでいると、2メートルほど先の梅の木にメジロが数羽、花にくちばしを突っ込んで飛び回っている。ほぼ同じ大きさの黒っぽい小鳥も。田舎もいいもんだ。

 さて、我が家の女性陣が『20世紀少年』を観に行くというので、ぼくはウイル・スミスの『7つの贈り物』を観たかったので、一緒に出かけた。

 なんだかよくわからないまま進み、カットアウトのような終わり方。こういう作り方しかなかったのか、という疑問が残る。18年ほど前に高校生と作った『私の中の彼へ』を思い出したラストシーンだった。 

|

« 脚本の書き方を変える | トップページ | 倉本聰『2丁目3番地』を読む »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『7つの贈り物』を観る:

« 脚本の書き方を変える | トップページ | 倉本聰『2丁目3番地』を読む »