« 倉本聰『ガラス細工の家』を読む | トップページ | 倉本聰『風船のあがる時』を読む »

倉本聰さよならお竜さん』を読む

 35歳で男性体験を持たない秘書室の「お局さま」、通称「お竜さん」を岩下志麻が演じる。

 今まで読んだ倉本作品は、男が中心だった。もちろん主人公には女が絡んでくる。しかし、どうも魅力的な女性を描いているとは思えない。『ガラス細工の家』でヒロインを演じた岸田今日子は女としてより、母親を演じた。『前略おふくろ様』で海を演じた桃井かおりは、作品の中では道化的色合いを帯びていた。『お竜さん』ではヒロインを岩下志麻が演じる。倉本の作戦かもしれないが、先入観を見事に裏切る、あるいはズラしてくる。そして、最後は都会の人込みの中の一人が哀愁の色を帯びて浮かび上がる。

|

« 倉本聰『ガラス細工の家』を読む | トップページ | 倉本聰『風船のあがる時』を読む »

脚本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 倉本聰さよならお竜さん』を読む:

« 倉本聰『ガラス細工の家』を読む | トップページ | 倉本聰『風船のあがる時』を読む »