« 倉本聰『あなただけ今晩は』を読む | トップページ | 倉本聰『大都会』を読む »

(『解夏』を観る

 光を失っていく男と彼に寄り添う女。丁寧に作られた映画。途中から、感触が初めてではないような気がして、何だ、何だと心が騒いだ。最後、キャスト、スタッフで、わかった。さだまさしの原作なのだ。タイトルの「げげ」というペダンティック。なるほど、なるほど。でも、一見の価値はある映画。さだまさしの誠実さが漂う。

|

« 倉本聰『あなただけ今晩は』を読む | トップページ | 倉本聰『大都会』を読む »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (『解夏』を観る:

« 倉本聰『あなただけ今晩は』を読む | トップページ | 倉本聰『大都会』を読む »