« 井上ひさし『ムサシ』を読む | トップページ | 歩く »

遠藤周作『女王』を読む

 黒い寓話と呼んでもいいのか。大学時代「狐狸庵シリーズ」を笑いながら読んでいた。あのとぼけたおっちゃんにこんな面があるのか、と、意外だった。人は多面体だから、状況に応じて、ある面がググッと出てくることもあるだろうが・・・。

 朝のテレ朝の天気コーナーから甲斐まり恵が消えたのがさびしい。今度の人もいいけれど、甲斐のあふれるばかりの可愛さは良かった。朝を迎える歓びだったのだが。

|

« 井上ひさし『ムサシ』を読む | トップページ | 歩く »

脚本」カテゴリの記事

コメント

甲斐まり恵

地デジが始まって、うちにローンで液晶テレビが届いたとき、無防備にアップになっても全くきれいな肌だった彼女を見て感動しました。完璧なる地デジ対応アナウンサー(女優になるらしい)でした。

ちなみに彼女は、阿蘇の一の宮出身!玉名女子高出身!

投稿: たかお | 2009年4月16日 (木) 21時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠藤周作『女王』を読む:

« 井上ひさし『ムサシ』を読む | トップページ | 歩く »