« 向田邦子『無名仮名人名録』を読む | トップページ | 遠藤周作『女王』を読む »

井上ひさし『ムサシ』を読む

 ずいぶん前、井上が宮本武蔵を主人公に脚本を、それもミュージカルを書き、ブロードウエイで上演するというニュースが田舎にも届いた。それは結局立ち消えになってしまった。今回、蜷川演出で上演されるという新聞記事を読み、「私たちはみんな小次郎です」という蜷川の言葉の笑いつつ、はて、どんな形になるのか、興味があった。

 新聞広告で文芸誌に戯曲が掲載されていることを知り、佐伯の書店をかけずり回り、3軒目でようやっと手にした。

 宮本武蔵を描いているのではない。宮本武蔵を取り込んだのだ。いつもの井上作品。ブロードウエイを思い出した分、期待が膨らみ過ぎたところもあるが、でも、やはり、井上ひさしは面白い。

|

« 向田邦子『無名仮名人名録』を読む | トップページ | 遠藤周作『女王』を読む »

脚本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 井上ひさし『ムサシ』を読む:

« 向田邦子『無名仮名人名録』を読む | トップページ | 遠藤周作『女王』を読む »