« 遠藤周作『喜劇 新四谷怪談』を読む | トップページ | 山頭火という人 »

金子兜太『放浪行乞』を読む

 佐伯の不動産業者が山頭火についての本を出したから、か、どうかわからないが、今まで山頭火の名前はかなり目にしてきた。俳人がどう評価しているのか、と、軽い気持ちで手にした。

 基本的に見開きで一句。句といっても、五七五や季語の規制はない。その規制を突破して生まれるものに意味があるのかもしれない。

 山頭火の句は面白い。山頭火の生き方の方が面白いかもしれない。そして、山頭火と句について書く金子も面白い。ということは面白い本なのだ。この面白さについては、考えてみる価値がありそうだ。

|

« 遠藤周作『喜劇 新四谷怪談』を読む | トップページ | 山頭火という人 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金子兜太『放浪行乞』を読む:

« 遠藤周作『喜劇 新四谷怪談』を読む | トップページ | 山頭火という人 »