« 公演に向けて活動再開 | トップページ | 向田邦子『隣の女』を読む »

向田邦子『あ・うん』を読む

 最初にエッセイを読んだので、ああ、またここにも向田の父親が現れたと思う。娘の回想という形で書かれているが、「あ」と「うん」の二人の友情が子どもっぽくもあり、理想的でもある。前回読んだ短編集のドロドロ感はなく、さっぱりと仕上がっているのは、男の友情がテーマだからだろう。

|

« 公演に向けて活動再開 | トップページ | 向田邦子『隣の女』を読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 向田邦子『あ・うん』を読む:

« 公演に向けて活動再開 | トップページ | 向田邦子『隣の女』を読む »