« 向田邦子『隣の女』を読む | トップページ | 佐伯の見所 »

恩田陸『光の帝国ー常野物語ー』を読む

 キャラメルボックスが舞台にした短編小説の連作。

 不思議な能力を持った人々、常野(とこの)の人々を描くには、短編という形で独立した物語を集めた形の方が広がりが生まれる。話の流れは面白い。でも、それだけ。『夜のピクニック』の方が断然いい。

 キャラメルボックスの舞台の劇評は好意的だった。成井一派はどうもSFっぽい設定が好きなようだが、成井の場合逃げに思えて仕方ない。ここをどうするのだ!というところをSFで処理してしまう。まあ、それはそれで極めればいいんだろうけれど。

|

« 向田邦子『隣の女』を読む | トップページ | 佐伯の見所 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恩田陸『光の帝国ー常野物語ー』を読む:

« 向田邦子『隣の女』を読む | トップページ | 佐伯の見所 »