« シジミ貝とシミジ貝掘り、どちらが体にいいか | トップページ | 向田邦子『あ・うん』を読む »

公演に向けて活動再開

 脚本はラストに迷いがあり、完成していない。かといって活動しないわけにはいかない。それで、できているところを少しずつ渡し、時間を稼ぐことにした。最後が解決すれば、一挙に渡す。それまでは小出しに渡す。そして、ぼくは現場にいればいろいろと言いたくなる性質なので、今回は演出と役者に任せ、現場にいないことにする。ただし、読みを聞いたり、立ち稽古を観て、一人のちょっと口うるさい観客として、感想を言うようにした。今、現在、弥生の町民会館の体育館のミーティングルームではぼくへの呪詛が飛び交いながら読みが続けられていることだろう。ト書きはいっさいなく、句読点も「・・・」で間を示すこともない脚本。彼らが自由にト書きを考え、間をつくり、それがどういう形になるか、楽しみだ。ただ、彼ら以上にぼくが脚本への取り組みをしなければ。

|

« シジミ貝とシミジ貝掘り、どちらが体にいいか | トップページ | 向田邦子『あ・うん』を読む »

活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公演に向けて活動再開:

« シジミ貝とシミジ貝掘り、どちらが体にいいか | トップページ | 向田邦子『あ・うん』を読む »