« 湊かなえ『告白』を読む | トップページ | 完熟マンゴ »

吉本隆明『現代日本の詩歌』を読む

 最近図書館で借りる本は、まず自分では買わないであろうもの。で、詩、なのだ。

 最近こそばななの父親ということで紹介されるかもしれないが、ぼくらの学生時代は怪物のような存在という印象があった。何故かは知らないが、彼の名前が出る場所、人、それがそういう印象を形成したのかもしれない。

 『現代日本の詩歌』は多くの詩人、歌人、俳人の人と作品をわかりやすく解説している。とにかく、ほめる。中島みゆき、松任谷由美、宇多田ヒカル、村田英雄の「王将」の歌詞まで出し、ほめる。しかし、その吉本の解説にはキラリと光るものがあり、詩についての認識のきっかけになることが多い。

 もし、歌を書くことに興味があるなら、これは読んでおいたほうがいいように思う。難しい、わからないで詩を敬遠してきたけれど、下手な小説より広がりと深さと面白さがあるのではないかと思わせる。これが吉本リューメイの腕力かもしれない。

|

« 湊かなえ『告白』を読む | トップページ | 完熟マンゴ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉本隆明『現代日本の詩歌』を読む:

« 湊かなえ『告白』を読む | トップページ | 完熟マンゴ »