« 最後の小学校の運動会 | トップページ | 山頭火風に »

本日の打ち止めは、鹿

 夢で2時に目が覚め、起きた。もしかしたら何らかの作品になるかもしれないという予感。ノートに書く。4時半に犬と散歩。いつもの倍の距離。途中、ポツリ。そのポツリの間隔と粒が次第に増えていった。

 職場の休憩室で仮眠をとる。

 帰って、食事の後、娘を塾に送る。家を出る間際、明日プール掃除で水着がいる、と。去年までのは小さい、と。そうだろう、ナ。塾の間にスポーツ店で買おうとするが、サイズもタイプも判断ができないので、閉店後、子どもを連れてくるので店を開けてくれるよう頼み込んで、どうにか手に入れることができた。娘を連れて帰ると、家の前の百坪程度の梅林に動くものが。鹿が入らないように囲ってあるビニールの網に角がひっかかっているようだ。暴れている。はてどうしたものか。

 警察に電話した。どうしたらいいでしょうか。ちょっと相談してみます。受話器の向こうで笑い声が聞こえる。そして、その土地の持ち主に連絡しようと思うが、名前がわからないので、直接家に行く。彼は、またか、みたいな表情で見に来た。イノシシやシカを撃つんやけど、今は猟期ではないから、と、彼はつぶやき、明日まで待ちましょう。もしかすると外れて逃げるかもしれないし、と。その結果を警察に電話すると、パトカーで警官と市役所、猟友会を差し向けようとしていたらしいが、猟師である持ち主の意見だから、じゃあ、また何かあれば連絡下さいで終わり。どうせだから写真を撮っておこうと恐る恐る近づく。柿の葉が邪魔して撮れない。すると、今度は猟友会の方から電話。持ち主の名前を出すと、ああ、と。

 今日はまだ終わっていない。まだ、何かあるのだろうか。

|

« 最後の小学校の運動会 | トップページ | 山頭火風に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本日の打ち止めは、鹿:

« 最後の小学校の運動会 | トップページ | 山頭火風に »