« 雫井脩介『犯人に告ぐ』を読む | トップページ | 本日の打ち止めは、鹿 »

最後の小学校の運動会

 これで、小学校の運動会も最後かと思うと込み上げるものがあった。家と授業参観での教室ではわからなかったが、一年生から6年生までの中に入ると、大きくなったと驚いた。

 先週の中学校の運動会も面白かったが、小学校の方が年齢に幅がある分、多様で面白い。そして何より、運営がうまい。淀みなくスムーズに進行する裏の大変さはわかるが、それでもやはりうまい。高校が一番下手だな。

|

« 雫井脩介『犯人に告ぐ』を読む | トップページ | 本日の打ち止めは、鹿 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「犯人に告ぐ」面白いですよね。雫井脩介は「犯罪小説家」まで全部読みましたが、これが一番面白いです。途中、津田長が呟く「人生を他人のせいに出来ないことぐらい、この年になればわかっている」という台詞に殴りつけられました。

投稿: マツイスズキ | 2009年6月 1日 (月) 18時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最後の小学校の運動会:

« 雫井脩介『犯人に告ぐ』を読む | トップページ | 本日の打ち止めは、鹿 »