« 林檎の樹を植える | トップページ | 野球の応援に行く »

終業式

 ぼく自身がどういう気持ちで夏休みを迎えたのか、今となっては思い出せない。高校時代は、前期10日、後期10日の補習があり、暑さと校舎建て替えの工事音と炎熱の中汗だくで働く人の姿程度しかおぼえていない。

 教師になって、「自宅研修」ということで学校に行く必要がない時期があったが、今は夏季休暇5日だけ。土日を挟めば、9日間の休みにすることができる。ただ、生徒がほとんどいない学校に行って、エアコンと電燈の消費だけのような気もする。残業手当もないのだから、こういう時にまとめてその時間分休ませればいいのに、と、思うが。特に部活動の顧問で毎日遅くまで指導している教師にはそれくらいの思いやりがあってもいい。

 いっそのこと、夏休みも、冬休みも撤廃すればいい。高校の場合エアコンが教室に設置されている学校が多い。ならば、夏休みを盆休み、冬休みを年末・年始休みにして、その代わり、金曜日を半ドンにして、放課後の時間を部活動、個人指導に当てれば、と、思う。

 ぼくは盆休み(夏季休暇)以外は毎日、英検と漢検の勉強会をする。希望者だから、授業とは違い充実した時間になる。

 それにしても、暑いですね。とにかくいつも楽しむ方向で取り組み、活力と充実の毎日を送りますように!

|

« 林檎の樹を植える | トップページ | 野球の応援に行く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 終業式:

« 林檎の樹を植える | トップページ | 野球の応援に行く »