« 田舎のジジイ福岡を歩く(2) | トップページ | 秋、か・・・ »

星野道雄『アラスカ 光と風』を読む

 暑いときに、寒い場所について書かれた本を読むのもいいか、ナ。星野は誠実で、その人柄に打たれる。アラスカに住んでいる人たちとの交流。星野みたいにできるだろうか。アラスカの魅力も知った。それ以上に星野の魅力に打たれた。

|

« 田舎のジジイ福岡を歩く(2) | トップページ | 秋、か・・・ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ただ『チェックさせて頂いてますよ』と、足跡を残したく。

ちびっこ(←仕事で)と、本と、トマトで出来ている夏のやせっぽっちてす。

投稿: あやの | 2009年8月30日 (日) 01時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 星野道雄『アラスカ 光と風』を読む:

« 田舎のジジイ福岡を歩く(2) | トップページ | 秋、か・・・ »