« 地図帳を買う | トップページ | 『トランスアメリカ』を観る »

『モナリザ・スマイル』を観る

 ぼくが生まれた年から一年間の大学での物語。ジュリア・ロバーツが美術史の講師で、例の独特な笑い声を聞くことができる。

 アメリカは自由な国と言われる。その自由とは何かということも問題にはなる。ただ、アメリカという国は成立事情で、そうならざるを得なかった部分はありように思う。コロンブスが発見して以来、ヨーロッパ各国が入り込んだんだから、それを統一する過程であっちの事情も考えざるを得なかったんだろう。

 自由の国アメリカでも「赤狩り」でいびつな状況だった時期もある。『モナリザ・スマイル』はその辺の時代背景があるように思った。

 自由と身勝手が、今の日本では混同されているように思う。その違いがわかったら、身勝手な連中の人生は確実に面白くなるはずだ。

|

« 地図帳を買う | トップページ | 『トランスアメリカ』を観る »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『モナリザ・スマイル』を観る:

« 地図帳を買う | トップページ | 『トランスアメリカ』を観る »