« A.R.Gurney『 LOVE LETTERS 』を読む | トップページ | プレミアム8蜷川幸雄篇を見る »

朝焼けと夕焼け

 最近、犬と散歩する時考えているのは一つ。朝焼けと夕焼けはどう違うか。

 昔、まだ土曜日が半ドンだった頃、1時に職場を飛び出し、くるまをひたすら走らせ、天草まで夕焼けを見にいってた時期がある。下田の町営温泉に入り、白鶴浜で東シナ海に沈む夕日を見る。どこだろうと、とにかく夕日を見るのが好きで「夕日評論家」を自称していた、

 それが最近は朝焼け。夕焼けはディミヌエンド、朝焼けはクレッシェンド。もしかしたら間違っている音楽用語を使えば、そんな感じか。

 忌野清志郎だったか、目覚めて外を見て朝かと思ったら、実は夕方だったという話がある。活発な脳は貪欲に眠りを求める、みたいなことを考えた。で、全ての問題を解決したとして、ある人が起きた時に朝焼けではなく、夕焼けを見えるように仕掛けた場合、その人は「この朝焼けはおかしい」と気付くだろうか。

 そんなことを考えんがら犬と歩いている。あと1時間、か。

|

« A.R.Gurney『 LOVE LETTERS 』を読む | トップページ | プレミアム8蜷川幸雄篇を見る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝焼けと夕焼け:

« A.R.Gurney『 LOVE LETTERS 』を読む | トップページ | プレミアム8蜷川幸雄篇を見る »