« 『釣りバカ日誌19』を観る | トップページ | A.R.Gurney『 LOVE LETTERS 』を読む »

彼岸の中日の雨

 仏教というより、お寺の金儲け主義に嫌気がさして、坊主憎けりゃ仏教まで、になりつつある。だから、坊主が絡んでくる仏事はしない。今朝、労働日よりは一時間ほど遅い犬の散歩の散歩の折、明らかに墓参りに向かっている年配のご婦人とすれ違った時に、祖母のことを思い、心にさざ波が立った。

 祖母は亡くなって7年目になる。94歳で亡くなったが、体が動いている間は動き回っていた。うちの墓はかなりの傾斜を登った小高い丘の上にあるが、墓の掃除やお参りにもよく行っていた。その祖母が眠る墓に、年に数回いしかいかない、それでいいのか、と、思い悩む。ただ、犬と散歩の折に、意を決して「登り」、ちょっとだけ話しかけたりする。そうでない時は、散歩の途中で墓のある丘が視界に入ると、歩きながら話しかけるのは毎朝のこと。でも、今日は彼岸の中日で、ぼくの考えなんざ置いといて、信心深かった祖母のルールに従うべきではないか、・・・。

 そんなことを考えていたら、雨。けっこう強い。その雨を、遠藤周作の『沈黙』ではないが、祖母の「無理尾してくることはない」というメッセージかもしれないと考えたぼくは、何という祖母不孝者だろうか。

|

« 『釣りバカ日誌19』を観る | トップページ | A.R.Gurney『 LOVE LETTERS 』を読む »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彼岸の中日の雨:

« 『釣りバカ日誌19』を観る | トップページ | A.R.Gurney『 LOVE LETTERS 』を読む »