« 鄭義信『バケレッタ!』を読む | トップページ | 『イムジン河』の新しい歌詞 »

くるまで散歩ー尺間山篇ー

 天気がいい。晴れた日には永遠がみえるという映画もあったので、尺間山へ。そして今日は若い女性が二人、といっても、下の娘と友達だけれど。

 山をくるまで登り、くるまを降りると、山道を歩き、400段の階段を登る。これがシンドイ。やっとの思いで頂上に着き、お賽銭をあげてそれぞれ祈り、コンビニで買ったおにぎりを食べた。遠くにぼんやりと四国が見える。気持ちがいい風が吹き、気分は爽快。

 下りは、子どもたちの口数が増え、話題は先日行った修学旅行のあれこれが中心。お化け屋敷に入ったら、首なしが奇怪な声をあげて出てきたらしいが、それについて「口がないんだから声が出る訳ないじゃん」と痛烈な一言。連れがいるのもいいもんだ。これから、誰かを誘ってみようか・・・。

|

« 鄭義信『バケレッタ!』を読む | トップページ | 『イムジン河』の新しい歌詞 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: くるまで散歩ー尺間山篇ー:

« 鄭義信『バケレッタ!』を読む | トップページ | 『イムジン河』の新しい歌詞 »