« 創作日記(1) | トップページ | 雨あがりの風呂あがり »

犬は何故吠えるのか

 うちの犬はぼくが帰った時には吠えない。ところが娘たちの母親が帰った時は、うちの敷地に入るかなり前から吠える。くるまの音でわかるんだ、と、感心したこともあるが、何故、オレには吠えないんだ。吠えることは、帰ってきたことを喜んでいると考えたから、それがさびしい思いにさせていた。

 発想をちょっとだけ変えることができた。「おいで」と言えば、我が家の中では、ぼくに来る。ならば、彼女が帰ってきた時に吠えるのは、ぼくに知らせているのではないか。「敵が来たぞ!」みたいな。

 朝、5時半に洗濯機を回し、犬と散歩に行く。薬指大のLDライトで歩く。星に、どうしても、目が向く。ある星を眺める。あの星の住人も同じように地球を眺めていたら面白い、と、思い、また歩く。

 「私」を変えることはできない。ただ、違った生活をすれば「私」の違った部分がモッコリ出てくる。「早寝、早起き」はすぐれた知恵だと思う。朝は夜の2倍の価値がある。朝型、やってみませんか。

|

« 創作日記(1) | トップページ | 雨あがりの風呂あがり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 犬は何故吠えるのか:

« 創作日記(1) | トップページ | 雨あがりの風呂あがり »