« 雨あがりの風呂あがり | トップページ | 瀬尾まいこ『図書館の神様』を読む »

向田邦子『冬の運動会』を読む

 よくできている脚本は、読んでいて人物が浮かびあがる。向田邦子の脚本をはじめて読んで、その腕力に感動と驚きを覚えた。感受性に富み、よく寝られている。っして、人に対する視線の何と優しいことか。

 巻末の和田勉、丹波哲郎との話しも面白い。岩波現代文庫はいい作家を取り上げた。

 

|

« 雨あがりの風呂あがり | トップページ | 瀬尾まいこ『図書館の神様』を読む »

脚本」カテゴリの記事

コメント

私も読みまーす!!

投稿: み~け | 2009年11月 2日 (月) 10時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 向田邦子『冬の運動会』を読む:

« 雨あがりの風呂あがり | トップページ | 瀬尾まいこ『図書館の神様』を読む »