« 中央演劇祭に行く~大分西高校~ | トップページ | 中央演劇祭に行く~おわりに~ »

中央演劇祭に行く~日田三隈高校~

 丁寧につくりあげた舞台。舞台美術賞をとった装置、その装置の後ろにスピーカーを置き、ドアの音、ドアを開けた時の街の音、水道の音などを流す。脚本もよくできていて、会話に出てくるものがきちんと関連していく。この脚本が大分で生まれたことを誇りに思う。ただ、演技は難しい。

 今年の中央演劇祭で、ぼくにとってはナンバーワンの舞台だった。舞台へのこだわりの度合いが一番感じたし、仕上がりもよかったからだ。ぼくは土田さんの講演が終わると、審査員の講評をきかずに会場を出た。ここに感想を書くつもりだったので、聴かない方がよいと思ったからだった。本当は、3氏がどう観たかはすごく興味があったのだけれど。結果をメールで知り、そうなのか、と、思った。ちなみに、ぼくの順位は三隈、東、鶴高だった。豊府は4位だった。

 舞台に順位をつけるのは難しい。ある審査員はある顧問の舞台は評価しない、とか、いう噂があったりすることもある。ぼくが審査員の一人に招かれたある県の大会でその「ある顧問の舞台」を最優秀に推した舞台がブロック大会でも上位に入った時、その「ある審査員」は「あんたの方が観る目があるのかも」とつぶやいた。違う。ぼくはぼくなりに脚本を読み、それがどう仕上がっているかを観て、一票を投じただけのこと。ただ、その一票を投じるのは、ユニクロでTシャツを選ぶのとは違う。車を買うほどの検討が内部で繰り返される。だって、高校生は一所懸命なのだから。

 高校生の舞台を8本観て、ぼくは沢山の元気をもらった。色々なことを教えられた。次の舞台に、いざ!

|

« 中央演劇祭に行く~大分西高校~ | トップページ | 中央演劇祭に行く~おわりに~ »

演劇」カテゴリの記事

コメント

ウチの子(姉弟)を通じて5年間、高校演劇を観せて戴きました。
舞台そのものも楽しませて戴きましたが、その後の先生方の講評も(良い事もそうでない事も)楽しみでした。

それは…
高校生の一生懸命な舞台を観て感じて下さった事を審査の先生方が一生懸命、言葉にして語って下さる。
何とも言えない有難い事だと。
『愛』だと感じていたからです。

今までいろいろな方々に戴いたたくさんの講評(感想)は、私にとっても、大切な宝物になりました。

有難うございます。

投稿: 三池 | 2009年11月13日 (金) 10時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中央演劇祭に行く~日田三隈高校~:

« 中央演劇祭に行く~大分西高校~ | トップページ | 中央演劇祭に行く~おわりに~ »