« 中央演劇祭に行く~日田三隈高校~ | トップページ | 山崎豊子『沈まぬ太陽』を読む »

中央演劇祭に行く~おわりに~

 丁度一週間前の今頃、ぼくは事務局の中原先生とホテルのロビーで話していた。彼は、審査員のメインに土田英生さんが決まってから、土田作品を読み始めたようで、読むにつれてすごい人だと認識し始め、「本当に来るんやろうか」と何回かつぶやいた。二人で駅まで行き、土田さんを待った。ところが、特急がホームに滑り込んで、どんどん乗客が改札を通るのに、来ない。二人で周囲を見回しながら、不安が募り始めた頃、あれだ!

 審査員3氏との食事会に参加させてもらった。その光栄は、ぼくが土田さんを事務局に推薦したからだと思う。ぼくは最初に「土田先生、土田さん、どっちがいいですか」ときいたら、「土田でいいです」。2時間足らずの短い時間だったけれど、気さくで率直、面白い人柄にますます魅かれた。

 それから2日間、楽屋口の灰皿のそばで、土曜夜の顧問を交えての食事会で、ぼくは神経を小町針の先のように尖らせて、話を聴いた。講演も面白く、ポイントを押さえていた。

 山梨県からの中村先生も、何と全国大会ですれ違っていたようで、それに驚きながらも、言葉の端々に高校演劇への真摯さはビンビン溢れていた。大分の小野先生が久しぶりに客席を眺めて「芸館も古くなったなァ」とつびやいた。「それだけ小野さんも古くなったってことです」という言葉を呑み込みながら、それだけ大分の高校演劇に接してきたということなのだ、と、思った。中原先生が「最高の審査委員や・・・」というつぶやきに、ぼくはその通りと頷いた。

 大雨と雷鳴の夜。おそらく、今年は一年生が頑張ったから、来年は今年よりもっと面白くなるだろう。高校生に負けない進歩と成長をしなければ。

 大分の高校演劇、生きている限り応援します。頑張れ!

|

« 中央演劇祭に行く~日田三隈高校~ | トップページ | 山崎豊子『沈まぬ太陽』を読む »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中央演劇祭に行く~おわりに~:

« 中央演劇祭に行く~日田三隈高校~ | トップページ | 山崎豊子『沈まぬ太陽』を読む »