« 不可能な夢 | トップページ | 清水かつぞー『英単語ピーナツほどおいしいものはないー銅メダルコースー』を読む »

向田邦子『阿修羅のごとく』を読む

 女だから、ここまで女を書けるのかもしれない。魔性と呼ばれることのある女のある部分が見事に描かれている。そのくせ、お化け屋敷のような形ではなく、ちょっとした視線や仕草でなのだ。巻末の新藤兼人と東大教授の松原治朗との鼎談も読みごたえがある。

 打ち負かされた、完全に。

|

« 不可能な夢 | トップページ | 清水かつぞー『英単語ピーナツほどおいしいものはないー銅メダルコースー』を読む »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 向田邦子『阿修羅のごとく』を読む:

« 不可能な夢 | トップページ | 清水かつぞー『英単語ピーナツほどおいしいものはないー銅メダルコースー』を読む »