« 『フリーダム・ライターズ』と『グッド・ウイル・ハンティング』を観る | トップページ | 『蛍の光』が歌えない »

『ストレイト・ストーリー』を観る

 ストレートではなくストレイトという表記にチラと首をかしげたものの、余計なことを挟まずに一つのことでまっしぐらという映画だろうと勝手に思い込み借りた。

 高校1年の頃だったか、東芝からカセットレコーダーが発売さっるのを記念して『フレッシュ・イン・トーシバ・ヤングヤングヤング』というラジオ番組で「何を録音したいか」を募集し、10名にその製品をプレゼントし、録音したものを送って、中からいいものを放送するという企画があった(長い文章だ。よくないナ)。ぼくのもとにそれが届き、放送された2本の中にぼくのものがあった。一本は本州を横断して、日本海側のどこかの港に停泊中のソ連の船乗りにインタビューしていた。凄い。それに比べて、ぼくは「まっすぐ歩く」。木があろうと崖があろうとまっすぐ。ひたすらまっすぐ。ストレート。そんなもんではないか、と、思ったわけだ。

 実はストレイトは主人公の姓。かなりお年を召した男性が、彼は糖尿病を患っている上に、歩くのに二本の杖が要るという困難を背負っているのだが、500キロ離れたところに住む兄が倒れたとかで、小さなトラクターで会いにいくというストーリー。歩く程度のスピードだから、時間がかかる。その時間の中で彼は多くの人に出会う。その人だから話せることもあり、そういう短い会話の中で、ぼくらは主人公を知っていく。ささやかだが確かなものがある。味のあるいい映画になっていて、こういう映画は好きだ。

 今日は津波で海岸沿いの道路が通行止めになっていて、消防自動車を見かけたり、マイクで注意を呼び掛ける車とすれ違ったりで、慌ただしい一日だった。NHKはずっと津波について。今日は温かく、春の粒子に満ちた穏やかな一日。陽だまりの中、シャツ一枚でビールを飲みながら、犬と話していると、この平穏が破られることなど考えることはできない。津波災害が起きませんように。

|

« 『フリーダム・ライターズ』と『グッド・ウイル・ハンティング』を観る | トップページ | 『蛍の光』が歌えない »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ストレイト・ストーリー』を観る:

« 『フリーダム・ライターズ』と『グッド・ウイル・ハンティング』を観る | トップページ | 『蛍の光』が歌えない »