« 古川敬『山頭火の恋』を読む | トップページ | 『おくりびと』を観る »

ぶっつけられた!(2)

 キノシタさん、たかおさん、ありがとうございます。これから、修理終了までレポートしたいと思います。

 昨日、事故が起きるとすぐに彼は保険会社を呼んでくれました。すぐに来た保険会社はデジカメ(かなり古い)を持ち出し、写真を撮ろうとしましたが、電池が切れていたんです。近くの人から調達して、写真を撮り、「全面的に悪いと言っているので、全額払うようになるでしょう」と。ぼくはそこで今後の流れを確かめたけれど、正確な説明はなかった。

 その後すぐにディーラーに行ったけれど、祝日で休み。今日、仕事の帰りにディーラーに行き、説明しました。ぼくはそこを全面的に信頼しています。その信頼に応えるだけの対応をしてくれました。ドアは修理ではなく、交換するとのこと。それには一週間かかるほどかかるらしい。ただ、「両方の車も動いていたのに、100対ゼロにした。代車のレンタカー料金については・・・」と保険会社は言っているとのこと。両方が動いていれば、ぶっつけられた方にも過失があるということなのだろうか。

 ディーラーは「へこんだまま運転するのを、他の人からみられることを嫌う人がいますが、どうしますか」と言った。ぼくはそんなことは気にしない。月曜日に、ディーラーが親保険会社と話し合うということなので、しばらくヘコんだ車で走ることになるのです。うん。

|

« 古川敬『山頭火の恋』を読む | トップページ | 『おくりびと』を観る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぶっつけられた!(2):

« 古川敬『山頭火の恋』を読む | トップページ | 『おくりびと』を観る »