« ぶっつけられた! | トップページ | ぶっつけられた!(2) »

古川敬『山頭火の恋』を読む

 佐伯出身の英文学者工藤好美の妹に恋をしていた、というのがテーマ。ならば、もっとその辺に焦点を絞って書いてくれたらと思う。研究書と思いきや、時に小説っぽい部分もあり、よく勉強はしているという思いで本を閉じた。山頭火に対するスタンスが定まっていないからだろうか。

 著者の古川さんは、中学、高校の先輩で、中学ではテニス部の先輩でもあった。佐伯で「トップクオーク」という劇団を旗揚げ。中央演劇祭での審査員をお願いしたこともある。

 いっそのこと、芝居にすればいいのに。

|

« ぶっつけられた! | トップページ | ぶっつけられた!(2) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古川敬『山頭火の恋』を読む:

« ぶっつけられた! | トップページ | ぶっつけられた!(2) »