« 談志の落語を観る(4) | トップページ | 車で散歩~かごしま近代文学館~ »

オバチャンという生物

 授業参観とPTA。2年生は修学旅行を情報ナントカの結果としてプレゼンテイション。体育館で各クラスの代表が発表した。ところが、その発表中に、シャベルんだな。この無神経こそ、オバチャン。授業参観は、観て、聴く。これだけ。それなのにクッチャベッテ。「出ていけよ」という言葉がグングン腹から湧きあがってきた。爆発寸前、その中のオバチャンの子どもが出て、シンとなった。

 身勝手でウルサイ無神経。これがオバチャン。

|

« 談志の落語を観る(4) | トップページ | 車で散歩~かごしま近代文学館~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

わたしも、おばちゃんですが、本当に頭にきます。娘の卒業式、この厳粛であろう式の最中ずっとしゃべり続けるおばちゃん在り、しかし私の隣の席の方は出てしまう咳を顔を真っ赤にして必死にこらえてる。なんか私はこのギャップに涙が出そうになった。さらにしゃべり続けるおばちゃんをにらみつけたかった、同じ母親として情けなくなった。

投稿: sumirinn mama | 2010年3月25日 (木) 11時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オバチャンという生物:

« 談志の落語を観る(4) | トップページ | 車で散歩~かごしま近代文学館~ »