« いつのまにかすり替わっていた | トップページ | 落語にはまる »

笑いたい

 もしかすると人は泣きたい、笑いたいと思って劇場に来るのではないかと思っていた時期がある。かといってぼくがそういう芝居をつくってきた訳ではない。面白い、それでつくってきた。今、久しぶりの脚本に着手しながら、面白いをもう少し具体的に考えてもいいんではないか、とか、考えている。

 昨日、朝は空の公園、昼は祝子川温泉に行き、その間ずっと落語を聴いていた。文珍、三枝、志ん朝。たっぷり聴いた。一番笑ったのは文珍。談志も「面白い」と認めていたが、運転しながら大笑いした。笑いながら、こんなにおかしい思いで笑ったのは、はて、近年なかったのではないか。あまりに笑いすぎて、運転を誤ってしまいそうなこと数回。笑いってのは全身を使う。それも普段使わない筋肉が動く。だから身体にはいいのかもしれない。アメリカの作家ノーマン・カズンが医者から匙を投げられ、笑いの映画などをみながら、医者が予測したよりも長く生きた話があるが、身体への影響はわからないが、精神にはいい。

 ある種の栄養素が足りないと、人は無意識にそれを求めるのであるならば、ぼくの生活には笑いが足りないから、こんなに笑うものを求めているのかもしれない。授業では時々笑わせるものの、自分が笑うことは確かに少ない。

 次の芝居は、以前書いたようにハチャメチャでいくつもりだけれど、少なくとも稽古場では笑いたい。ウ~ン、ワケわかんないか。

 結論、文珍は笑わせてくれる。

|

« いつのまにかすり替わっていた | トップページ | 落語にはまる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

やっと、ブログを見れました(^_^)

私も、笑いは大切だと思います(^O^)/笑顔って人を幸せにするし、自分も嬉しい気持ちになりますよね(^_^)今日、訪問した時に、机の上に落語のCDがあったんですが、最初、授業で使うのかな?って思いましたが、謎が解けました(^O^)劇を見れる日を楽しみにしてます\^o^/

投稿: セレブ | 2010年3月30日 (火) 00時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笑いたい:

« いつのまにかすり替わっていた | トップページ | 落語にはまる »